劇場版イニシャルD (実写版)

休みだったんで、久しぶりに映画館に行ってきた。
特に何を見るとも決めないでフラフラと立ち寄ったわけで…。

んで、見たのが【劇場版 イニシャルD】。

かなりマズイ作りな映画でした。
ストーリーはTV版の第1部までのストーリーをベースにしてるんだけど、それでも約2時間の時間内に収めきれる内容じゃない。
長編原作の映画化によくありがちなパターン。
無理矢理、詰め込んでるから精神的にすっきりしない辺りで終劇となる。
終劇…そう。何気に香港映画だったりする。
茂木なつき役の鈴木杏が唯一日本人みたいな感じ。
もうストーリーとか設定も完全オリジナルにしちゃえばまだマシだったかもね。
まぁ…そんな期待感持って観たわけじゃないんでショックは少なかった。

映画館入った時点で客が8人くらいだったんで観るのは楽だったよ(´ー`)

話は変わって今日見つけたサイト。
亀有工房
イベントとかで使う着ぐるみの製作をしてくれる会社みたい。
それにしてもリアルマスクは怖すぎです…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする