ときどき自分のとっさの行動が怖くなる

1ヶ月くらい前に自宅のサブマシンPCをメンテナンスしてた時にPCに挿してた「ビデオカード」を壊しちゃってたんです。

…といっても、通常の使用には全く問題がなく使えるレベルの故障で、困るのは全画面に切り替えを行うようなゲームをする時に猛烈な画面のチラつきが起きるという程度の損傷だったのですが、3日くらい前まで自分が壊した事に気が付いていませんでした。

なんで壊れたかと言うと、赤い○で囲んだ部分の上の電源コードを抜こうとした時に、うっかり赤い○の部分の黒い部品がポロリと取れてしまっていたという、なんとも慎重さに欠けたメンテナンスが原因だった模様。
取れていた部品はパソコンケースの中からコロコロと音を立てて、転がり出てきました。

こういう時、ボクは『これはメーカーの基盤設計ミスだろ? こんな電源コードの傍にデリケートな部品引っ付けないだろ普通…。ボクのせいじゃないね。』といった具合に責任転嫁発言を決まってする。
しかし、明らかに自分のミスなのでただの独り言で終わる。

これを直すには合金接着しなければイケナイので「はんだごて」が必須なのですが、散らかりまくった部屋のどこにいるかも分からないアイツを探すのは至難の業。
仮に見つかったとしても、「はんだ」とセットでなければ全く意味が無い。
そして、セットで見つかる可能性は限りなくゼロに近い。

そんくらい散らかっているんだよ~~(´゚д゚`)

あぁあぁああぁああああ!!!と、半狂乱状態になっている時、「強力接着剤」と書かれたチューブを発見。
どんくらい強力な接着剤なのかは不明。
けど、強力とかいてあるんだし強力なんだろう。
「はんだセット買いに行くの面倒だし、もう…これでいいよ。通電部分さえ絶縁しないようにすればいいんだろ?」
一人でブツブツ呟きながら、取れた部品を基盤に引っ付けてみた。

ポロッ… (゚д゚ ;)…あら?

全然くっ付かない。
ダメじゃん…と、思ったら「接着面に溶剤を塗った後、2分ほど放置してから圧着して下さい」って書いてあった。

何!?もう塗ってから1分は経過してるぞ!!
急いで圧着しなきゃ!!…と言ってもペンチもないし。
あぁああぁぁあああああぁあああっうぇうぇっ!!
こうなったら信じれるのは自分の握力のみ!
素手で圧着させてやるぜぇえええええええ!!!
ふぅううぅうぅんんんんんんんっ!!
部品と基盤が潰れるくらい摘んだら、カチコチに引っ付いてた。
さすが「強力接着剤」、さすが俺。

とりあえず、見た目は全く正常な状態になったので、パソコンにビデオカードを挿し直す。
ゲームが綺麗な画面で表示出来れば完璧OKってことだよな~って感じで、電源オン!

(*゚∀゚) おぉ!!直ってる!!

パソコンの部品って案外タフだよな~と感心しつつ、自分のいいかげんな修理にどこか怖いものを感じた今日この頃。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする