クロコダイル・ハンター

ケーブルテレビでよく観る番組、アニマルプラネットの「クロコダイル・ハンター」。

凶暴なワニや、猛毒を持っているヘビなど、それらが生息している現地に司会進行役的存在であるスティーブ・アーウィン氏が毎度出向いてはその生態を解説するといった爬虫類を中心としたドキュメンタリー形式の番組である。
このアーウィン氏が解説する際に、いつも爬虫類をその手で捕まえるんだけど相手が相手だけにやっぱり攻撃してくるワケ。
「マジ危ないって!」って感じでこっちは冷や冷やするんだけど、ギリギリのタイミングで攻撃をかわしつつ視聴者を画面に釘付けにし、爬虫類の美しさや、自然環境保護を全世界の人に伝えようとしている人でした。

そんな彼が3日、豪北部ケアンズ近郊のポートダグラス沖で番組の撮影中、毒の尾を持つアカエイの胸を刺され亡くなったそうです。

クロコダイルハンター、エイの一撃に倒れる
ボクの中でアーウィン氏はムツゴロウさんを遥かに凌ぐすごい人。
それだけにショックでした。

海中に棲む生物は陸上に棲む有毒生物よりも毒性が強いものが多く、ハブクラゲなんかに体に巻きつかれた場合、人間は最悪3秒で死に至る事もあるらしいです。

もう危ないから海に入るのはやめようと思うんだ。
(´-`).。o 来年の夏までね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする