Opera ライセンス無料化

いや、大したニュースっていうか日記に書くほどのネタがないんですけど、ノルウェーのOpera Software ASAが独自の表示エンジンを搭載したタブ切り換え型Webブラウザー【Opera】のライセンス無料化を決定。
今月20日から無料で使用出来るようになっていました。
これまでも無料で使おうと思えば使えたんですけど、邪魔なバナーがブラウザー上に表示されて鬱陶しかったので使う気なかったんですけどバナー無しの状態でしかもタダで永久に使えるなんて…。
ちょっと素敵。


タブ切り替えWebブラウザーといえば、ここ数年【Sleipnir】しか使ってないワケで、現在β版で公開されている【Sleipnir2】をメインブラウザーとしてそろそろ乗り換えようかと悩んでいる今日この頃。

そんな中、さっそく無料化した【Opera】をダウンロードしてインストールなんかしちゃったりしてみたんですけど、正直使い慣れてないんで俺はあんま使わないかも。
そこそこ使えるタブブラウザーが欲しいと思ってる人は選択肢の中に入れてみるのも良いかと思います。

これまで有料だったものがある日突然無料になるという事は、お金を支払ったユーザーは非常に損した気分になる事は否めないわけで、無料になる前日に支払った人なんか両手で頭抱えて地べたを転がるしか無い。
例えるなら、ポケットティッシュが無くて仕方なくコンビニで購入した直後に、路上で武富士のお姉さんに笑顔でティッシュ渡されたのと同じくらい虚しい気分だろう。
まぁ…これまでにライセンス購入してた人は永続的に英語でサポート受けれるらしいけど、ブラウザーでサポート必要な人ってどんな人なんだろとも思っちゃう部分があったりする。
時々、ブラウザーの種類によっては正常に表示出来ないようなサイトを見かけたりもするけど、そんな欠陥サイトは無理してまで見る必要性を感じないし、ましてやサポートを受けてまで正常な表示をさせたいとも思わない。

いや…俺は考えが浅い…。

きっと、もっと高度で凄い質問がサポートに問い合わせられてるはずだ。
そう思うと想像が膨らみドキドキしてくる。
それでも暫くの間、サポートに寄せられる問い合わせは『支払った事への不服感』なんじゃないかと思ったりもするワケです。

それはさておき、小腹が空いたので朝っぱらからコーラ飲みつつもずくを食ってました。

どっちがコーラなんだかもずくなんだか分かり難いですね…。
(´-`).。o いや…本当にネタが無いわ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする