30代から始めるスーツ

先日、久々にスーツを新調してきました。

昨年末あたりまではチラホラとスーツを着てたんですけどね。
もともと自分は10代の頃からネクタイを締めるような堅苦しい仕事には就きたくないという考えの人だったので、スーツを着るような仕事は極力避けていたせいもあって着る機会はあまりありませんでした。
…ですが、実はスーツを着るのは仕事の時だけじゃないという事も知っておかなければいけないワケで。
いわゆる社会的しきたりに必要なため用意するに到りました。
まぁ、職場でも「また着ないんですか?」みたいな声があったりするので、そのついでです。

頻繁に対外的な交渉がある人はスーツくらい着るべきと思うけど、そういうのほとんどボクには関係ないし、夏とか暑いし、Tシャツでいいんだよ、実際のところ。
特に今の職場でスーツを着ると、誰の目からも立場的な背景が視覚的に区別しやすくなるから嫌なんだ。
極端に言えば『あの人は敵で、この人は味方だ。』みたいな考えが生まれるきっかけに成りかねない。
そういうのって避けたいじゃん?

でも、そういうリスクな部分を抜きにスーツのいいところを語ると、コーディネートにほとんど気を使わなくてイイところなんだ。
ただ着ればそれなりに様になるんだから。
その代償として、老ける速度は加速度的に増していくようにも思えるんだけどさ。
どっちにしても、毎日着るのは嫌だなぁ~という想いは変わりませんね。

青臭さを醸し出すような青春のためにスーツを着るのはありだと思う。
気楽に生きたいんだよボクは(´ー`)y-~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする