炊き上がりまでの間…


俺の炊飯器には早炊きスイッチが付いていない…。

正確に言うと、元々持っていた早炊き機能の付いた炊飯器は半年間一切機能しておらず、てっきり中をちゃんと洗って保管していたつもりがご飯の残りを入れたまま半年間放置されてたわけで、さて飯でも炊いてみようかなと思った時には中がすごいことになってたわけで、それはもう見るのも思い出すのも恐ろしい状況だったりして、いわゆるナウシカの腐海をミニチュアサイズにこれでもか!これでもか!と再現していたりして、白色の王蟲が怒りに任せて行進してたりなんかしてて、このままじゃ腐海に飲み込まれそうな予感がしたのでそっと見なかったフリして燃えないゴミの日に捨てちゃったワケで、『新品の炊飯器を買って使わなくなったからあげる』と、悪友のT氏のお古の炊飯器をもらってみたら早炊き機能がついてなかったりして、でも早炊きは俺の信念に必要ない機能なのでまぁ~いいかとそんな具合であったりする…(;´Д`)

ちなみに俺はご飯は柔らかいふっくらな炊き上がりが好きなので、最低でも30分は水に浸してから炊飯スイッチをいれるので、炊き上がりまでかなり時間がかかったりする。
今日もそんな感じで水に浸してて、どうしてもお腹が空いて我慢出来なくなったのでオカズのかわりに買った串カツを一本温めてトロピカーナのフルーツミックスを飲みつつ日記を書いてたりして空腹を誤魔化してます。

話は変って仕事がまたしてもスランプ気味でどうしたもんかなぁ~と悩んでるワケで、こぼすつもりのない愚痴が時折口から漏れてしまいます。
愚痴を言うようになったら自分にとっても、会社にとってもいい事はなくなってしまうので、やる気を削ぐような余計な一言は言わないでもらえたらいいのになぁ~とか思っちゃうんですけど、余計な一言は言わなきゃいけない立場の人も居るわけで、まぁ~そんな感じでお互い頑張りましょうよ。

ここは見てないと思うから伝わることはないでしょうけど(´∀`)


んでもって最近、俺的日記の定義というか意義を見出した。
人はリラックスする時、お香をやったり音楽をヘッドホンでひとり大音量で聞いたりして自分だけの空間を作り、自分なりのプライベートタイムやスペースを作ったりする。
俺も日記を書いてる時は日記に集中していて、自分だけの時間を楽しんでいたりする。
その日によって、日記を書き終わる時間はまちまちだけど書きあがりの早い時は大抵自分の時間を必要としている時だったり、ストレスが溜まってたりしてる事に気がついた。
自分のバロメーターとして日記は確かに役立ってくれてる事に感謝しつつ炊き上がったご飯にこれからありつこうかと思う。

(*´∀`)ハラヘッタァ~ヨ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする