清音駅→井原駅

電車が来るまでの間、退屈だったので清音駅構内に貼ってあったチラシを見て過ごしていました。

そこで気になったのがこのチラシ。

休日限定のホリデーパスというのを買うと、「井原線バーガー」というハンバーガーが100円で食べられるらしい。
あとで母に聞いたところ、井原線バーガーは美味しいと言っていました。
わりと有名なご当地バーガーのようです。
食べてみたかったのですが、今回は時間の都合で食べられませんでした。

そんな感じに時間を潰していると電車が来ました。

写真だと分かり難いんだけど、井原線は1車両運行です。
ちょっと大きいチンチン電車みたいな感じ。

ちょっと大きいチンチン電車。

ちょっと大きいチンチン電…

さて、中に入ると

風鈴がチリンチリンと涼しげになっていました。

電車が走り出してから特別素晴らしいと感動するような景色はありません。

でも、ひとつだけボクにとって思い出あるトンネルを井原線はくぐり抜けるのです。
そのトンネルは井原線が開通する10年以上前からあったトンネルなのですが、昔一人で自転車に乗って通り抜けた事があるのです。
ちょっとした近道、裏道のつもりで入ったトンネル。
冬の夕方、周りがだいぶ薄暗くなってきた時間帯にそのトンネルに入ったんだけど、トンネル内をわずかに照らしていた光はどんどん無くなって、トンネルの中間地点に着くころには闇と呼べるような暗さ。
曲線状のトンネルだったのでトンネルの入り口も出口も見えなくなるところもある。
とにかく前に進むしかなくって物凄く怖かったんだよね。
軽い気持ちで入っちゃダメだ!と痛感したトンネル。

そんな思い出のトンネルも電車で通ると何のことはない、あっという間にくぐり抜けてしまう短いトンネルでした。

そして清音駅から電車に揺られること40分。
やっと目的の井原駅に到着。

駅舎のデザインは井原にゆかりのある那須与一の弓矢を模しているそうですが…

おぼっちゃまくん

どうもボクにはおぼっちゃまくんの頭に見えてしまうのです。

井原駅に着いたところで例のライブカメラを使って知人にライブパフォーマンスでも見せようかと密かに計画していたのですが、駅では既に父が車で待っていてくれていました。

さすがに親の前でアホな事は出来ないなぁ~と断念(ノ∀`)’`,、’`,、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする