死にそうだったけどなんか楽しかったって事だけは覚えてる

いや~、毎日暑くて嫌になっちゃいますね。

夜はあまり節電する意味がないようなので、暑さで死なない程度にエアコン使って涼むようにしてるんですけど、晴れの日の朝なんかは5時、6時あたりから一気に気温が上昇してくるので死にそうになります。
そんな時、いつも節電意識と冷却欲の狭間でしばし葛藤するのですが、最後にはエアコンのリモコンを手に握っている俺がいます。
実際のところ東京電力は「電力使用率」の数値を水増ししたデータを公開しているようなので、節電意識はもちろん大切なんだけど、体を壊すほど無理をしてまで節電する必要はないんじゃないかなってのが正直なところ。

東電が「電力使用率」の数値を水増ししていたことが判明

ちなみに今日の天気予報は曇のち雨。ほんの少し楽に過ごせそうかな?

俺の場合、就寝時刻がだいたい朝7時頃なんだけど、寝ようかなって思う頃には室温がサウナ並に急上昇してくるので、エアコンの切タイマーを2時間ほど設定してエアコンの電源が切れるまでに眠りにつくようにしています。
寝てしまえば後はいくら暑くても目が覚めない、そんな体質。

起床時間の午後12時頃には、高齢者なら病院に運ばれてもおかしくないくらい室温がマジでヤバイ状態になっている。
いつも「よくこんな室温の中で寝てられたな…。やるじゃん、俺。」と自分に感心するんだけど、反面「もっと早く寝て暑くなる前に起きればいいんじゃね?」とも思っている。

こんな具合で現実世界の俺は灼熱地獄のような状況の部屋で睡眠をとっているワケなんだけど、ここ数日ほど夢の中ではすごく楽しい時間を過ごしているようなのだ。

どんな夢を見ていたのかは全く思い出せない。
ただ、楽しくて起きることも忘れてしまいそうになるくらい夢中になれる夢って事だけはなんとなく覚えている。
あと、連日同じ夢を見ているような気がする。なんとなくだけど。
同じ世界の中でストーリーが進行しているような感じ。
映画で例えるならハリーポッターとか、ロード・オブ・ザ・リング的な、第一部・第二部・第三部~みたいな流れ。
壮大なファンタジー映画とか、やっぱ続きは見たくなるもんでしょ?
まぁ、そんな気がするだけで、ホントは短編ものの夢だったのかも知れないけど…。

同じ夢を何度もみたり、ストーリーが日に日に進行していく夢は昔からよく見るんだけど、これらは映画で例えるならリング的な貞子が井戸から這い出て徐々にこちらに向かってくるような圧迫感がある夢ってパターンがほとんど。
怖くて飛び起きた事が何度もある。
続き物の夢を見るのは嫌。

でも、今回はなんか楽しい続き物の夢のようだ。
続きが見れたら嬉しいような気がするんだけど、いかんせんどんな内容だったか思い出せないのが口惜しいところである。

あまり夢に夢中になりすぎて、現実世界で熱中症になってポックリいかないように注意だけはしておこう。
ある意味、映画で例えるとマトリックス的な~?
・・・今年の夏は扇風機買おうかな。

では、そろそろ寝るよ(つ∀-)オヤスミー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする