日本で2番目に高い建造物

休日を利用して「東京タワー」に行ってきました。

現在建設中の「東京スカイツリー」は、2010年7月9日の時点で398mの高さに。
既に日本一の高さですが完成すると634mとなり、電波塔としては世界一の高さになるそうです。

東京スカイツリーに追い抜かれるまでは高さ333mの東京タワーは日本で一番高い建造物でした。
…とは言っても、1998年に長崎県対馬市の「オメガ塔(455m)」が解体されるまでの間も東京タワーは日本で2番目の高さだったので、日本一の高さになれたのはここ10数年程度の期間だけだったようです。
国民的な知名度の高さで言えば今でも十分、日本一だと思いますけどね。

東京タワー

すぐそばで見るとやっぱりデカいです。
50年以上前にこんな塔を作ってしまう日本人スゲェー!と感動すら覚えます。

入場チケットは大展望台(145~150m)までが大人820円・子供460円。
さらに上の特別展望台(250m)に行くには大人600円・子供400円が必要となっています。
入場料も高いですね。

東京タワー

大展望台は1階(145m)と、2階(150m)に分かれているのですが、1階の床にはルックダウンウインドウというガラス張りの床があります。
覗いてみると人が米粒くらいに見えます。
ガラスの上は人が歩いても平気なだけの強度があり、東京タワー側も「慣れてきたら更に、思いっきりジャンプもしてみましょう。」と煽っています…(笑)
ボクは高いところが怖いのでガラスの上には乗れませんでした。

六本木ヒルズ周辺

特別展望台(250m)からの景色。
目の前の大きなビルが六本木ヒルズ。

お台場方面

こっちはお台場方面。

たまには高いところから景色を眺めるのも良いものですね。
東京タワーは夜に様々な色でライトアップされるので、一度は夜の顔も見てみたいところです。

ただ、景色を楽しむだけなら池袋の「サンシャイン60(240m)」の展望台の方が入場料大人620円とコストパフォーマンスも良く、個人的には近所なので行きやすい感はあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする