忘れた!

なんか日記に書こうと思ってたんだけど忘れた!!

たぶんどうでもいい事だったんだと思う。
時々、毎日会ってるような知人の名前ですら忘れてしまい、名前が思い出せないからイライラして「誰だ、お前!」とかツッコミたくなる時もあるから困る。

忘れる事は困る事も多いけど、悪いことばかりでもないのも確かなワケで。
過去に辛い思い出があっても時間が経つと辛い部分がイイ経験として摩り替わって、面白おかしく人に話せちゃうのもある意味「忘れている」おかげなんだよねって実感していたりもする。

でも、出来れば子供のときの些細な思い出とか思い出せないもんかなって考えることもあるんだ。
なんか女の子のスカートめくりばっかりやってたのはよく覚えてるんだけど。

もっと意識を集中して…、記憶の断片を探るんだ…。

あぁ、思い出してきた!!
小学校の時に帰り道で田んぼの傍を流れる用水路に落っこちたときの思い出が!!
コンクリートの角で頭をぶつけたときの痛い思い出がァああああああぁ嗚呼餌gtp:じぇyjえあw
頭がコンクリートの角に当たる瞬間、頭の中でゴリュって音が響くぅうぅ宇津wくうふぅwふ0wふふぇうあそpgはいくぇーー
頭から流れ出した血の臭いが嗅覚に伝わってくるのまで思い出してきtjhわhlひぁwfぁl!!!!

ダメだ!!痛いのは忘れよう。

もっと、なんつ~か初恋の淡い思い出みたいなのがいいな。
思い出すんなら、初恋が誰だったとかさ。
そういうのがいいんだ。
初めてお手々繋いじゃいましたみたいなヤツ、思い出せないかなぁ~(*´д`*)ハァハァ

ん…?あれ?ところで、今日何書くんだったっけ…?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする