今日悩んでいたこと

どうして個室トイレのドアの上下には隙間があるんだろう…?

トイレの中で病人が倒れていた時とかの救助の為にあるんだとは思うんだけど、それだったらドアの上だけにあれば十分事足りると思う。
別の視点から話をするならば洋式トイレならドアの上下に隙間があっても覗かれた時にまだ対応しやすいから良いんだけど、和式の場合は無防備極まりない。
下手すれば隙間から今まさに棒状の物体が出てるのが覗かれてしまうじゃないかこの野郎!って感じです。
そう、救助うんぬん以前の問題があると思う。
『トイレのドア下の隙間は不要推進委員会』を発足したいのは俺だけですか?

みんなはあの隙間に不安を感じないんでしょうか…不思議です。

不思議だったので調べてみました。
トイレのドアの下の隙間は何のためにあるのでしょうか?
夢のトイレ西尾賢ソボブキ

なんか全然関係ないリンクもありましたが、とりあえずあの隙間はアンダーカットという換気用の隙間らしいですね。
だったら換気扇が天井にでもついてればいいじゃん。
どうしても隙間が必要っていうなら5?くらいで十分だと思うよ。
マジで2cmも3cmも隙間要らないって。
文明が発達してるのにあんな原始的な隙間に頼らなければならないなんて!!
あ~!なんだろこの気持ち!釈然としない!
あの隙間をなくして欲しい。

トイレには完全なるリラックス空間でなければならない。

例えば個室トイレに人が入ると生体センサーが反応してドアはオートロック。
同時にCCDカメラ等による覗き防止スキャンが開始され、問題なければ「オールクリーン発射準備開始して下さい」とパンツ下げてもOKサインを音声案内。
スイッチで『和式』『洋式』『障害者用』を選択可能。
これで体の不自由な方がお客で来ても切ない思いをさせることはない。
全種類ビデ完備。和式でも画期的な設計により汚さずマトを外さず百発百中ロックオン!
長期戦を強いられた時にも漫画喫茶並みにラインナップされた漫画がトイレ内常備。

この程度の機能はあって欲しいと思う今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする