中和されてしまった心


昔の彼女から電話がありました。
結婚も考え、親にも会わせたことのある女性です。
そして、5年くらい前に別れた女性でもあります。
なんで別れたのかはっきりと思い出せなかったけど、たぶん性格の不一致とかみたいなありきたりな原因だったと思う。
別れを切り出したのは彼女の方。

もし恋人と別れ話をする時、「する側」と「される側」どちらが辛いのでしょう…?
恐らくそれは、「する側」です。

「される側」はそれを受け入れるか、受け入れないかの限りなく選択肢のない二択を迫られるだけの話で、相手の気持ちが固まっている事を考えれば、それを受け入れざるを得ない状況になります。
それは納得出来る出来ない関係なしに、納得するしかないわけです。

「する側」は相手の気持ちを傷付けないよう相手の性格に合わせた高度な言葉の駆け引きが必要となり、相手に気持ちを穏便に伝えると同時に自分の気持ちも守るという非常に疲れる二重の作業が必要となってくるわけです。
まぁ、そんな豆知識はどうでも良いのですが。

情けない話、俺はよく恋人にフラれます。
8割くらいの確率で女性から別れを告げられます。
自分の悪いところは熟知してるし、そこを突かれたら何も反論出来ません。
フラれるのはもう慣れっ子です。慣れてるけど正直、心が痛みます。
その時も彼女の気持ちを受け入れて別れました。

それなのに彼女は連絡してきました。
自ら別れた人に連絡をする時ってどんな気持ちなんでしょう?
別れた女性が俺に連絡してくるのも8割くらいの確率で発生しますが、何か俺に期待する事でもあるんでしょうか?
俺はやったことないのでわかりません。


彼女は嬉々として俺に言います。
「私、あれから性格丸くなったんだよ」
8割の確率の女性達は決まってこの台詞を言います。
丸くなったから何なんでしょう…。
人の性格が5年や10年程度の短い時間では変化しない事を、俺は自分の性格をもって知っています。
刹那な感情の変化で性格が丸くなったなど言って欲しくない。

別に彼女の事は嫌いではありません。
でも、好きでもありません。
もう関心ありません。
一度別れた女性とよりを戻した事はありません。
戻す気もありません。

自分から別れておいて、今度は俺に「する側」になれとでも言うのでしょうか。
別れてからまたお互いの良いところに気付き、よりが戻る人も世の中には居るでしょう。
その人達を俺は否定する気はありません。
でも俺は、一度別れた人に自分にとって最大レベルと思える愛情を与えることが出来ない人間です。
逢いたいのなら逢います。
でも、あなたが連絡してるのはあなたが傷付けた人間です。
もう甘くも酸っぱくもなりません…。
期待するだけ無駄です。

(´-`).。o ごめんなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする