一人になると…

どうしてボクのお尻は唸り出すんだろう。

人が近くに居る時はあんなに大人しくしているのに、誰も居なくなったとたんにブーブー、ブーブーと愚痴り始める。
別にボク自身が我慢しているワケじゃない。
勝手にそうなるんだ。
お尻にもう一人の人格が存在しているとしか考えられない。

昔から人の「精神」とか「魂」は頭とか胸の奥にあるとイメージされているが、ボクはケツにあると思う。

なによりボクのおケツがそう主張するのだから仕方ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする