ハウル

ここ数日の間に自宅PCのHDDを3台ほど壊してしまい、かなり困った状態でした。
新品のHDDを買ったら買ったで初期不良品に当たるし…(´Д`;)
危うくパスワード管理用ファイルまで失う寸前で焦りました。

小耳に挟んだ話だと、1月あたりの時期はHDDが壊れやすい季節なんだそ~です。
みんなも気をつけようね。

んでもって、かなり遅くなりましたがやっと暇な日を見つけて『ハウルの動く城』見てきました。
まぁ~、良くもなく悪くもない印象でしたが、近年のジブリ作品は観客をイキナリなんの説明もなくその世界観に放り込む作りが多くなって来たなぁ~って思いました。
ハウルに関しては原作があるようなので、原作がそんな感じなのかも知れないですね。
人間関係がよくわからないキャラ、想像を膨らませながら観ないと消化しづらいシーン等が幾つかありましたが、主人公の女の子(おばあさん)があまりに健気なので、そんな曖昧な部分なんかは見て見ぬフリしつつ、エンディングが近づく頃にはハッピーエンドを観たいって気分を準備させてくれました。

ハウル役のキムタクの声も違和感なかったです(´ー`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする