ジャガー横田とツーショット

本日、仕事の関係で女子プロレス観戦に誘われまして、初めて生でプロレスを観ました。


写真はデビル雅美vsアジャコング。
デカイ…デカ過ぎる!

予想を遥かに超えた面白さに最初から最後まで興奮状態です!
各レスラーが非常に個性的で8試合ほどあったのにどの試合も新鮮で飽きが来ないのです。
プロレスってK-1のような格闘技に比べると、どうしてもSHOW的な要素があるのですが、生で観るまではその要素は格闘技として不要なモノと決め付けた考えを持っていました。
なんかイカサマ臭い感じするじゃないですか。
でも、そんな事はプロレスにとって本当はどうでもいい事だと分かったんです。
例えるなら芝居や舞台を観に行った時に感じる役者と観客の一体感、臨場感こそプロレスの醍醐味だと思いました。
時に笑い、時に冷や汗を流すような恐怖を感じ、強烈な痛みに耐えながら闘うレスラーを自分に置き換えて元気を分けてもらう。
SHOWだとしても一生懸命な姿が素晴らしいのです。
とにかく面白かったです。
これは生で観ないとわからない感覚だな。うん。

プロレスに誘って下さった方が、このプロレス公演の主催者である「ジャガー横田」さんとお知り合いということで、試合の後で食事をご一緒出来ることになりました。

いや…正直なところメチャクチャ怖かったんですよ。
アジャコングは俺の後ろで飲んでるし、観戦前にジャガー横田公式サイトで試合の写真とか見てて、絶対俺みたいなナヨナヨした男は嫌いで絶対ブッ叩かれるに違いない…と、いつもの妄想が俺の頭の中では始まってたワケで…。
居酒屋の隅っこの方で俺はビクビクしながら呑んでたんですけど、そんな俺にもジャガー横田さんは気さくに挨拶してくれてオマケにツーショットまで撮ってもらえたんですよ!

うわぁ~い!ヽ(´ー`)ノなんか俺スゲェ嬉しいよ!!
気分はもぅマブダチ。
アジャコングも普段はすごく物静かな人みたいで意外でした。

どんな事にも逃げずに立ち向かう女性は素敵だなぁ~と思う今日この頃です。

あ~顔出しちゃったよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする