エア

前から思ってたんだけど、洋式トイレの便座に座るのが苦手。

自宅のトイレは平気なんだけど、会社とか、どこかのお店のトイレとか、公衆便所とかみたいに不特定多数の人が使う便座にそのまま座るのはどうも抵抗あるんだよね。
ボクはいつもトイレットペーパーを使ってU字型のカバーを作ってから必ず便座に座るんだけど、切羽詰ってる時はこの作業がかなり辛い。
でも、しないと落ち着いてトイレタイムを過ごせないと思っている。
トイレにいる時間は色んな事が考えられて、すごく楽しいからこの時間を大事にしたいんだ。

だけど、この便座カバーを作る行為はボク特有のもので実は誰もやってないんじゃないかとちょっと不安になったので、会社の女の子に聞いてみたら「普通ですよ」と言って貰えたのでホッとした。
だけど、その子はどうしても我慢出来ない時はお尻を便座から浮かせて便座に触れないようにしながら用を足すと教えてくれました。

そ、そんなセクシーなウンコ法があったなんて…。
想像するだけでドキドキしてきた(*´Д`)ハァハァ
そうだよ、今や日本はエア・ギター優勝者保有国!
どんなものでもエアで表現する民族として生きる使命がある!

…という訳で、
本日、人生初の「エア・ウンコ」に挑戦してみたんだけど結果は散々。
腰を宙で浮かせた状態でどうやって力むのか分からず、中腰で踏ん張ってるうちに太股がガクガクしてしまい、途中で諦めて便座に座ることにしました。
これは相当腰とバランス能力を鍛える必要があるようです。
ちなみに「エア・おしっこ」も試してみたのですが、結果は同じ。

トイレ内に手すりみたいなモノでもあれば、そこを掴んでバランスを取れると思うんだけど会社のトイレってドアノブくらいしか無いんだよね。
あんまり体重かけて取れちゃっても困るし…。
残された手段といったら水タンクの方に向かって座って、タンクを抱きかかえてやればエア状態を保てるかな?
いや…、それはそれでタンクが取れそうで怖いな。

もう、うんこするのが大事なのか、エアするのが大事なのかわからなくなってきたから寝る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする