アレされたPCが戻ってきたんで

とりあえずPCケース開けて、メンテナンスすることにしました。

Core i7のリテールクーラーでは冷却が間に合わず熱暴走を起こしまくるわ音はうるさいわで、以前仕方なくKABUTOとかいう大きめのCPUクーラーに取り替えていたPCなのですが、プラスチック製のプッシュピンではこのCPUクーラーを固定するには少し心許無いというか、宅急便で搬送している間に既に外れかかっていました。

このまま使用するのも危ないので、面倒くさいけど一旦PCの中身をバラして金属製のリテンションキットでマザーボードの裏側からガッチリ固定する方法を取ることにしました。

マザーボードはMSI製のX58 Platinum。

左上のヤツが問題のCPUクーラー。
重量730gあるんでプッシュピンじゃ支えきれないって、マジで。

プッシュピン、邪魔なんで外します。

取り外し完了。
この際なのでCPU接触面の熱伝導グリスも 拭き取って綺麗にします。

CPU側のグリスも拭きとってあげます。
白い液垂らしやがって、イヤラシイったらありゃしない。

拭きとった後は、ちょっとお高いグリスに塗り直し。
AINEX シルバーグリス [AS05]」標準グリスの約15倍の熱伝導率!!(;´∀`)マジで!?

リテンションキットは「サイズ CPUクーラー汎用リテンションキット ユニバーサルリテンションキット3 SCURK-3000」を使用。
つか、ビックカメラではこれくらいしか選択肢がなかった・・・。
汎用リテンションキットだけに、使わない金具も多くて取説読んでも分かりにかったけど…

マザーボードの部品とも干渉することなくガッチリ固定できました。
固定後、マザーボードを横にしてもCPUクーラーは全く微動だにしません。
やっぱ金具で止めると安定感違うなぁ。

あとはケースに戻しておしまい。
それにしても、どノーマル過ぎてつまらんPCだな。
キワモノのパーツでも追加しないとダメだな、こりゃ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする