お茶生活…その後の経過

ノドが乾いたらお茶を飲むという生活に切り替えてから、早10日間ほど経過したワケですが、体調はすごく快調です。

特に体調の変化を感じるのは寝起きですね。
これまでは目覚まし時計のアラームが鳴っても目が覚めなかったり、長時間寝てもすごく体がダルかったりしたのですが、今ではアラームが鳴る前にスッキリと目が覚めるようになりました。
まぁ、仕事で変化の乏しいルーティンワーク的な作業をしている時は退屈なので眠くもなりますが、それは糖分の摂取過多とは関係ない話でしょう(笑)

甘いものを飲んだり食べたりばかりしていると、すぐ喉が渇く体質になってしまうらしく、また喉が渇いたらジュースを飲む…という行動を延々と続けてしまうそうです。
いわゆる、悪循環というやつですね。
お茶を飲むようにしてからは水分摂取量もかなり減りました。
臓器に優しい生活をしてるような気がします。

夏場はそれなりに水分を補給した方が良いと聞きますが、スポーツドリンク系はかなりの糖分を含んでいるので、スポーツをしていない限りはがぶ飲みは避けた方が良いみたいです。

…と、こんな日記が続くと「体悪いの?」とか、「おっさん、死ぬな!」とか言われそうなので、このへんにしておきます。
ちなみに、すごく元気です。

冷蔵庫にまだ開封してないカルピスウォーターのペットボトルが入ったままなんだけど、時々無性に飲みたくなります。
人間、甘いものはやめられない生き物なのかもしれん。

コメント

  1. cocoa より:

    体悪いの?
    おっさん、死ぬな!

    飲むのはもっぱらお茶なのですが、肝心の水分補給をあまりしない人間です。
    あくまでもこういった生活面という点では健全な生活を送っているコーラさんを見習わなければ。

  2. コーラ より:

    >cocoaたん
    生活面以外の面でもボクは健全だよ!マジで!
    思う存分見習って下さい(*´д`*)

    糖分補給も大事だからね。さっきアイスクリーム食べたよ。
    甘くて美味しかった。