早く終わらないかな…

毎週日曜日の朝は「仮面ライダーキバ」から始まり、「プリキュア」、「ゲゲゲの鬼太郎」、「ワンピース」と約2時間TVを観る事にしてるんだ。

だけど、仮面ライダーキバがなんともツマラナイんですよ。
変身ヒーロー物は基本的に好きなので、どこかでストーリーが盛り上がってくるんじゃないかと心のどこかで期待して1話からずっと観てきてるんだけど…キバは、キバだけは本当にツマラナイ。
キバの前にやってた仮面ライダー電王が面白かっただけに、期待しすぎたのかもしれない。

今日観たのがキバの42話。
平成ライダーシリーズは48~50話構成で作られているので6~7話ほど我慢すれば終了するはず。
それにしてもキバに出てくる俳優は大根役者で固められ、これだけ話が進んでれば少しは演技も上手くなっていいはずなのに、いまだに1話目の初々しさを保っています。
しかも、脚本が悪いせいか精神分裂症気味な言動をする主要キャラが主人公も含め少なくとも4人以上いるので、誰の言葉も信じられない。
主人公は異父兄と女の取り合いみたいなドロドロ昼ドラマみたいな展開になってるし、こんなの子供が観て面白いと思うのか疑問だ。

もうツマンナイなら観なきゃいいのにって話なんだけど、ここまで我慢して観てしまった以上は最終回まで観ないと納得いかない状態なんだ。
くだらないことに熱くなる自分に腹が立つ。
頼むから早くキバ終わってくれ…(´Д`υ)

そういえば、仮面ライダー龍騎はアメリカでリメイクされているらしいですね。
「13人の仮面ライダーが最後の1人になるまで戦い続ける」っていうバトルロワイヤル的なストーリーがアメリカでもウケそうだと思ったのかな?

仮面ライダーが米国で製作中 新たな“クール・ジャパン”?】 (日経トレンディネット)

観てみたいかも(´ー`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする