慢性マウス炎

最近、マウスを持っていると右手の中指がビクビクッて痙攣するんですよ。

そうなると中指はマウスの右ボタンを高橋名人級の速度で連打を始め、PC操作を一時中断せざるを得ない状況になるのです。
その度に、ボクの頭の中では「くやしい…、くやしいのに…(ビクビクッ)」って分かる人にしか分からないセリフが飛び交ったりするのですが、皆さん健全なPCライフ送られてますか?

とりあえず、マウスを持つのをやめれば治ると思うので、キーボードのみでコマンドラインからPC操作を行うというのもなんかカッコ良さそうなのですが、簡単なコマンドならさておき複雑な操作を1から覚えるくらいならWindowsなんか最初から使ってないんだよ!と、言う事でこの案は却下であります。

昔使ってたCANONの一眼レフカメラに「視線入力」という機能がついてて、ファインダーを覗いた際に眼球の動きを感知してファインダー内に表示されている各アイコンを見つめる事で様々な操作が行えたんだよね。
まぁ、狭いファインダーを覗きながらだから目は疲れるし、そんなに実用的な機能ではなかったんだけど、PCで「視点入力」が使えたらマウス持たなくても良いし便利そうだよな~とか思った。
フォルダやファイルを開いたりみたいな操作を完全に目の動きだけでやれれば、両手はキーボードにずっと置いておけるから作業効率アップじゃん?

いかにマウスを使わずに、マウス操作と同等の簡単操作が実現出来ないものかと悩んでいる今日この頃です。

そんな悩みを抱えているボクをよそに、ゲームのやりすぎで肩痛をおこしたスペイン医師がその症状を『急性Wii炎』と命名してニュースに…。
Wii」ってそんなに面白いゲームあるんですかね?
やったこと無いからよくわからんです。

ちなみに、ボクは最近になって「XBOX360」が欲しくなってきてました。
いつまで経っても、男は子供なのです(´ー`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする